学習支援の方法

あなたは、子どもの学習支援先として、何を選択しますか。 学習支援と言っても、家庭教師、通信教育など、様々な選択肢があります。 その中でも、利用者の多いものとして、「塾」があります。 塾には、主に2つのタイプがありますが、子どもの性格を考えるだけで、どちらのタイプが合うか、ということがわかります。 まず、学校の授業のように、クラスに数十人の生徒が集まって授業を受ける「クラス指導タイプ」です。 こちらは、学校の授業と環境が変わらないので、授業にすぐ入ることができます。 また、周りと一緒に学習をすることで、集中できる子どももいます。 こちらのタイプは、一人だと、なかなか集中できない性格の子どもにお薦めです。 次に、生徒1人または2人と、先生1人が対面で行う「個別指導タイプ」です。 こちらは、自分のペースで学習を進めることができるので、マイペースな性格の子どもにお薦めです。 子どもの性格を見つめることによって、子どもに合った塾選びをするようにしましょう。東京などの都心部へ進学を考えている人であれば、個別指導タイプを受けて学力向上に努めてみるのも良いでしょう。東京には有名な進学校が複数あり、そのレベルに合わせて授業を進めることが大切です。

実際に、東京にある塾に行かせるとなると、まず「クラス指導」か「個別指導」かを選択することになります。 最近では、クラス指導、個別指導のどちらも選択ができる塾も増えてきました。 どちらも選択する場合、まずクラス指導で入りたい授業を選びます。 そして、クラス指導以外の時間で、自分の予定に合わせて個別指導を入れます。 例えば、得意な科目は数学で、苦手な科目を英語、とします。 この場合、得意な数学は、クラスで授業を受けて、苦手な英語は、重点的に指導してもらえる個別を選択すると良いでしょう。 また、得意な数学も、クラス指導のフォローとして、個別でも数学の授業を受ける、としても良いでしょう。 このように、クラス指導と個別指導を上手く利用して、効率よく学習ができると良いと思います。