授業料の相場

大学受験を目指す学生が学習の場として通うのは、高校と学習塾と予備校です。これらの中で高校は現役学生が通うところです。しかしながら、医学部という理系文系あわせた全ての学部の中で最も難易度の高い学部は現役合格できる割合はそんなに多くはありません。1浪や2浪して合格しても別におかしくない領域です。そのため、実際には学習塾や予備校での学習が医学部合格の要になるといっても過言ではありません。ここでは、東京に所在している予備校に焦点をあてて書いていきます。その理由は、医学部予備校に代表される予備校は医学部の合格実績が学習塾と比較にならないほど高いからです。しかしながら、その分、授業料も高額です。医学部予備校の場合は年間授業料が160万円であり、大手予備校でも90万円はかかります。

東京に沢山の医学部予備校があり、授業料の傾向としてさまざまな予備校では低価格化現象が起きています。具体的には、入会費の免除です。これは授業料ではありませんが、入学するにあたって必要なお金です。これをどこの予備校でも期間限定で入会費免除キャンペーンを実施していたり、条件を満たせば免除する制度を導入しています。入学するには、入学試験を受けて合格しなければいけません。その試験で高得点を取った場合、入会金の免除があったります。また、授業料自体についても、低価格で提供しようとする予備校が増えています。東京にある一部の医学部予備校では少人数制の授業スタイルにもかかわらず年間授業料が100万円を切るところも出てきているのです。